税理士を変更する際の注意点とは

 

税理士を顧問税理士としてつけることで、会社の経営に関する相談をいつでも行うことができます。大阪市でも多くの経営者様が顧問税理士をつけ、経営者として事業を展開しております。しかし、経営者の中には顧問税理士が合わないと感じる方もいらっしゃいます。税理士を変更する際の注意点として、以下のものがございます。

変更に適した時期とは

一般的に変更に良いとされているのが、決算が終わった時期、法人税等の申告が終わった時期です。ひとつの事業年度が終了すると決算書や申告書が作成されるのですが、そこから過去の処理情報を読み取ることができ、円滑に引き継ぎの処理ができます。そのため、この時期が適切だとされているのです。かといって、ここはあまりこだわりすぎる必要もございません。変更したいと考えたら、迅速に変更に向けて動くようにして下さい。

解約前に契約を確認する

税理士を変更するということはすなわち、現在担当している税理士さんと契約を打ち切るということです。次の税理士さんとの契約手続きを結ぶ前に、まずは解約を終わらせておいて下さい。解約時に注意していただきたいのが「契約内容の確認」です。契約内容にもよりますが「解約の3か月前に通知」など解約に関する条件が記載されている場合がございます。円滑に解約をするためにも、必ず契約の確認を行いましょう。

書類の返却について

税理士を変更する場合、一般的には税理士間で引継ぎをすることはありません。そのため、契約を解除する際は前に担当していた税理士から必要書類の返却を依頼して下さい。申告書はもちろん、総勘定元帳や税務署へ届ける必要書類、会社に関する情報が記載された書類は返してもらいましょう。

大阪市で税理士をお探しなら

いけだ税理士事務所は大阪市西区に事務所を構えております。顧問税理士としてのサポートはもちろん、会社設立や法人化、相続などに関するご相談まで承っております。税や経営に関するお悩みをお抱えの方は、お気軽にご相談下さい。


Copyright(c) All いけだ税理士事務所 All rights reserved.