良い節税とは何か

 

良い節税とは何か

事業を行う経営者様にとって節税は非常に重要なものだといえます。節税が経営に良い影響を与えるか否かは経営者様の裁量に委ねられますが、何としても成功させたいと考えるのが普通です。ここでは、良い節税とは何かについて考えてみたいと思います。

永久的な節税

節税を図るがために多額の資金を投じるのでは本末転倒です。また、一時的に節税できたとしても、その効果が持続しなければ節税としての効力を発揮しているとはいえません。永久的に効力を発揮し、会社の重荷にならないものこそが有効的な節税です。具体的な例を挙げますと、「設備投資の税額控除を利用する」ことがこれに当たります。

高い節税効果をもつもの

資金が不要で永久的に効果をもたらしてくれる節税こそが有効的だといえますが、ある程度の資金が必要なものの高い効果を発揮してくれる節税も有効的です。例としては経営者退職金制度の活用が挙げられます。これは、経営者自らが自分の会社から退職金を得られるという制度です。

資金が必要ない節税

資金が必要ない節税も良い節税に該当するといえます。資金が必要なく、且つ永久的な効果をもたらしてくれる節税方法は数少ないですが確かに存在します。例えば、不良債権の処理を税法の基準に従い「貸倒損失」として計上することがこれに該当します。これは多くの経営者様が行っていることもあり、非常に有効的な節税方法のひとつといえます。

大阪で節税についてのご相談なら

大阪市西区にございます、いけだ税理士事務所では顧問税理士として経営者様のサポートを行っているほか、節税に関するアドバイスも行っております。経営や税に関するお悩みをお抱えの経営者様がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談下さい。


Copyright(c) All いけだ税理士事務所 All rights reserved.