法人化と社会的信用について

 

会社経営者様・個人事業主様の中には、法人化するか否かでお迷いの方もいらっしゃると思います。法人化することによって様々なメリットが得られますが、そのひとつに「社会的信用の確保」がございます。では、法人化と社会的信用にはどのような関係があるのでしょうか。

社会的信用度を測る指標とは

取引先や顧客の確保には信用度が大切になりますが、この信用度を測る指標となっているのはなんでしょうか。何を以って信頼に値するかは人によって異なりますが、やはり一般的には「会社の場所」や「事業の目的」「運営者は誰なのか」などの基本的な情報ではないでしょうか。法人の場合は一定の手続きを踏まえたうえで登記されているので、法務局に行って謄本を取得すればこれらの情報を得ることができます。基本的な情報を開示することは、社会的信用の確保につながるといえます。

人材確保と社会的信用の関係

人化と社会的信用について

経営を黒字にするためには、経営の動力である優秀な人材が必須となります。これは個人経営者様にもいえることです。小規模であれば自身の労力を投じることによって経営は成り立つかもしれませんが、規模が大きくなってくるとどうしても人手が必要となります。

人材の確保には求人募集をする必要がございますが、応募者は社会的信用を判断材料に応募するか否かを検討します。ここでも、個人経営と法人会社とでは信用度に差異が生じます。今ではインターネットで多くの情報を集められる時代です。優秀な人材を確保するためには法人化を図り、会社の基本情報を開示して応募者からの信頼を得ることが必須ではないでしょうか。

今では大阪や東京、名古屋などの経済都市だけではなく、あらゆる都道府県に所在を構える会社が法人化を図っています。税理士に相談することによって法人化や決算に関する疑問を解決することが可能です。もし大阪にて法人化についての相談をご希望なら、いけだ税理士事務所へお申し付け下さい。


Copyright(c) All いけだ税理士事務所 All rights reserved.